介護の仕事に興味ある方へ

介護

介護の仕事はどんな仕事?

皆さんは介護の仕事と聞くとどのようなイメージを持たれるでしょうか。多くの方はおじいちゃんやおばあちゃんの世話をする仕事ということはぼんやりと思い浮かべることでしょう。
介護求人を見ていると、実に多くの求人が掲載されていることに気付くかもしれません。日本はこれから深刻な高齢化社会へと突入をしていき、将来的にはかなり高い割合で65歳以上の人口となることが懸念されています。同時に、高齢者の人口が増加をする事は介護を必要とする高齢者も増えていき、介護求人もますます多くの人材が必要となっていくでしょう。しかし簡単に介護といっても、詳細を知らないという方も多いことでしょう。
介護は看護の仕事と似ていますが医療行為はできません。介護求人では高齢者や障がいを持つ方に対し、日常生活を送ることが難しくなった時に、生活面や精神面での支援を行なうことを専門とします。生活面ですから生きていく上で必要な全て、食事や排泄、着換えや入浴はもちろん、調理や掃除なども含まれます。「こんなの資格が無くてもできるじゃない。」と思うかも知れませんが、自分で行なうのと他人に行うのでは全く感覚が違います。相手の状況や感情を読み取り相手が不快な思いをしないよう、同時に現存する能力を活かしながら寝たきりを防ぐことを念頭に行なう介護技術は豊富な専門知識や技術を持たなければ出来ないことなのです。見た目以上に難しく奥が深い仕事が介護というものなのです。

介護の良い点悪い点

介護求人は実に多く見られますが、介護のイメージを皆さんはどのようにお持ちになっているでしょうか。しかし、介護は実際に従事してみることでその奥深さとメリットに驚くことも多いのです。ここでは介護についての良い点や悪い点などを紹介してみたいと思います。
介護求人を通して介護の仕事を行なうことで、これからの高齢化社会に対して必要な専門知識などを身につけられることが最大のメリットです。介護は知識がなくてもできるというのは大間違いです。高齢者や障がい者の身体状況や精神状況をきちんと理解することで、知識のない介護よりも双方ストレスの少ない介護ができるのです。無知識で抱え込まなくとも良い悩みを抱えて心身ともに疲弊してしまうのは一番良くありません。その回避を先に介護の仕事で知ることができるのです。また、基本的な身体介護である食事や排泄、着脱などは将来の子育てにも大いに役に立ちますね。同時に親の介護が必要になった時にも冷静に判断をすることができるでしょう。そして何よりも、人生の先輩である高齢者の方々から人生勉強ができることです。自分の知らなかった世界観を広げてくれますし、自分の生活そのものを見直すきっかけにもなります。
悪い点とすると、どうしても重労働な面が多い精神的な疲労が伴いやすいという面です。夜勤業務により不規則な生活となります。しかし、介護は自分の将来にも役に立つ大変有意義な仕事であることに間違いはありません。

スポンサーリンク

介護職種の給料

 

数多く掲載をされている介護求人ですが、給料面ではどのような状況であるのか一番気になる部分なのではないのでしょうか。一通り介護求人を確認してみると、仕事の内容からみて介護従事者の給料というのは決して恵まれているという訳ではないようです。しかし、全国各地の施設がそんなに厳しい給料なのかというと、決してそうではなく中には仕事内容に見合ったくらいの高水準の給料や待遇である施設も多いのです。しかし、多くの介護施設では改悪された介護保険による介護報酬の減少により、施設運営が非常に厳しいところが多いため介護職員への給料にも十分なレベルまで達することが難しいというところが現実です。

現在の介護求人での給料相場では地域の特性もあるため一概には言えませんが、夜勤のシフトがある正職員である介護職員でも手取りにて20万円を超えれば良い方であり、ほとんどの場合は10万円半ば位の金額と言われています。この場合、介護福祉士の資格を取得していると国家資格のため資格手当というものが加算される場合がありますが、多くはそれほど大きな金額ではないようです。月々の給料は決して高くはありませんが、正職員の場合は賞与の支給もありますし、年末年始などの勤務の場合はプラスアルファの手当が支給されることが多いですね。しかし、現在の介護求人では実は正職員の求人というのはかなり少なく、多くは嘱託職員という扱いで更新性の採用が多くなっている地域もあります。

 

日本の介護求人事情

 

これから避けることが出来ない、日本の高齢化社会の突入に向け現在注目をされているのが介護分野による就職です、介護求人も活発に掲載をされており求人を選ぶ側としてはかなり恵まれている状態という話も聞かれています。実際の日本国内の介護求人の状況とは一体どのようになっているのでしょうか。

国内の介護求人の状況としては、就職を希望する側にとっては非常に有利な状況とも言えます。しかし、どうしてそのような状況となっているのか、それは急速に進んだ高齢化社会による受け入れ施設の増加と共に、介護業務の厳しさとは反面給料などの処遇面で不十分な事が多々あるために、離職者が後を経たないという事情もあるのです。介護求人から見ても介護分野での給料面は決して高い水準とはいえない状況が多いです。率直に申し上げますと、増えつつある男性介護士が就職し将来結婚、家庭を持った時に介護現場で働き家族を養えるのかというと、非常に厳しい金額であるのは間違いないでしょう。テレビなどでも問題視され特集が組まれたことがあるかと思いますが、それくらい介護分野では厳しい状況に置かれているのです。しかし、その問題を打破するために国の政策面でも介護職員の給料水準を上げようと、特別手当などの対策もとられています。また、介護職員をひとつの通過点として介護支援専門員や社会福祉士、将来の管理職となれば給料水準もかなり高くなりますので、スキルアップを目指す人も多いですね。

 

スポンサーリンク
介護
nonoをフォローする
ZIAZIOSTYLE

コメント