ケーズデンキ店舗や営業時間

ケーズデンキは茨城県水戸市に本社のある家電量販店です。ヤマダ電機(群馬県)、コジマ(栃木県)と並んで「北関東家電御三家」の一角をなしています。前身は1947年に設立された加藤電気商会です。その後、カトーデンキ→カトーデンキ販売→ケーズデンキ→ギガスケーズデンキ→ケーズホールディングスと、会社規模の拡大とともに社名が変更されます。


ケーズデンキの店舗展開

関東地区以外は子会社によるフランチャイジー式の独立運営がなされています。
  • 関東地方(山梨県一部域を除く):ケーズホールディングス(本体)
  • 山梨県(一部域):岡島(提携フランチャイジー)
  • 北海道・東北地方:デンコードー(100%子会社)
  • 東海地方(静岡県を除く):ギガス(100%子会社)
  • 静岡県:浜松ケーズ(100%子会社)
  • 北信越地域:北越ケーズ(100%子会社)
  • 関西地方:関西ケーズデンキ(100%子会社)
  • 中四国地域(鳥取県を除く):ビッグ・エス(100%子会社)
  • 鳥取県:ウシオ(提携フランチャイジー)
  • 九州地域:九州ケーズデンキ(100%子会社)
 

ケーズデンキのポイントの特徴

ケーズデンキは他の家電量販店とは違い、ポイントカードシステムが導入されていません。「ケーズデンキあんしんパスポート」の提示によって、3%が値引き(店舗によって5%値引き)される方式が採用されています。ポイントカードシステムを採っていないのは、ケーズデンキ社長の『ポイントを還元するくらいなら、値引きができるはずだ』という考えによります。


ケーズデンキの営業時間

ケーズデンキはフランチャイジー式が採用されているため、店舗によって営業時間が異なります。開店時間は通常午前10時になっていますが、閉店時間は午後20時または午後21時が一般的です。各店舗のホームページで営業時間が確認できます。

 

ケーズデンキの支払い方法

ケーズデンキでの支払いには現金の他、以下などが利用できます。
  • 電子マネー:楽天Edy、au WALLET、ソフトバンクカード、LINE Payカード(Suicaなどの交通系電子マネーは利用不可)。
  • クレジットカード:利用可能(VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersCard)
  • QRコード決済:LINE Pay、PayPay、楽天ペイ、Origami Pay、d払い、au PAY、Alipay、WeChat Pay
  • 商品券・ギフトカード:JCBギフトカードなどクレジットカード系ギフトカード各種


Translate »