【老けたな~って思われたくない!】シミを消すには?原因と解決策を探ります!

メイクしていないと見えてしまう。
そして、鏡を見たときに落胆してしまいます。

レベルによってはメイクでカバーできないものもありますが、やはり気になるところです。

実はこのシミにはいくつかの種類があることをご存知でしょうか?

一言でシミと言ってますが、大きく分けて、「日光黒子」「雀卵斑」「炎症後色素沈着」「肝斑」の4種類があります。

原因や対処法は様々で、きちんと治療しないと改善するどころか悪化してしまうこともあります。

様々なシミの特徴や原因、対策について今回はお話しします!

シミの種類とは?!

日光黒子(ニッコウコクシ)

このタイプのシミは多く「老人性色素斑」とも呼ばれており、薄い茶色から濃い茶色の色をしているのが特徴で、主に顔や手、背中、前腕などの露出部分に発生します。
老人性と言われているため、30代以上の人に多いと言われています。しかし、若くても紫外線をたくさん浴びると早期に発症することがあります。

雀卵斑(ジャクランハン)

しばしば "そばかす "と呼ばれる、鷹の卵のこれらの斑点。遺伝が原因だと言われています。思春期になると目立つようになり、頬や鼻の周りにできることが多いです。

炎症後色素沈着(エンショウゴシキソチンチャク)

ニキビ跡や火傷、発疹などで炎症を起こした肌に残ったシミ。時間が経つと色あせてしまうことが多いです。

肝斑(カンパン)

保存食ではありません。・・・しーん、、、

このシミは女性に多く、女性ホルモンが急激に変化する妊娠中に発生しやすくなります。
紫外線でやや悪化し、顔面に左右対称に現れる。
このシミはレーザー治療によって悪化する可能性があるため、対処する際には医師の注意をよく聞いておきましょう。

シミができる原因をおさらい

日光黒子(ニッコウコクシ)編

太陽の下での黒ずみの主な原因は紫外線でしょう。以下の条件を満たしていれば、日光黒子になる可能性があります。

・紫外線を浴びる
・紫外線対策をあまりしていない
・非常に露出の多い服を着る

雀斑
スズメの斑点は遺伝が原因であることが多いです。親にそばかすがある人は、そばかすに敏感になっている可能性があります。しかし、このタイプの不具合は思春期に発生することが多いので、成人期に発生しなければ心配する必要はありません。紫外線で暗くなりがちです。

炎症後色素沈着
虫刺されや湿疹、ニキビ跡、吹き出物、傷跡などは肌に炎症を残してしまうので、早めに炎症を撃退することが予防のポイントです。

肝斑
肝斑の原因は「女性ホルモン」と言われていますが、実際の原因はまだ研究段階で、はっきりとしたことは言えません。
しかし、妊娠中やホルモン剤を飲んだ後に起こりやすいのは事実です。
閉経後に消えることが多いとのことです。

シミの種類別改善作戦

日光黒子
基本的に、紫外線を避けることからはじめます。
紫外線は、日光黒子だけでひちんどのシミのトラブル源です。
下のようなUV対策はしっかり行いましょう。

UVケア用品を使用しましょう。
日焼け止めをがっつり塗る。
ハイドロキノンやレチノイン酸が配合されているスキンケア商品も選択肢に
美白成分の入った化粧品を使用してください。
医療行為を含め、完治を目指すなら、レーザー治療などのクリニックで治療してもらいます

雀卵斑
雀卵斑は紫外線でより一層黒ずんでしまうことがあるので、しっかりとUVケア。

紫外線対策を念入りに行いましょう。

レーザー治療のようなクリニックの力を利用する

炎症後色素沈着
このようなシミは、炎症が起きている段階でうまく治療することが大切です。
炎症後色素沈着は、肌へのダメージが原因で生じるシミの一種です。

・炎症部分を刺激しない
・ビタミンCやビタミンEを利用して、肌の再生を助けましょう。
・お肌の修復を助けるためには、十分な保湿が大切

市販薬のトランシーノは効率紹介では肝斑にのみ有効性が認められており、肝斑専用の排出薬として酸化されています。
あれもシミとともに、スキンレーザー治療やシミガスレーザーなどで化粧するとともに治療が解説となります。刺激を避けることが重要で、マッサージも含め、手でクリームを塗る供給にも「擦りつけないように」といった意識づけが必要です。

顔にシミができてしまう原因や沈着、できてしまったシミに音波的なメイク品をまとめました。
難しいレーザーを当てると最高後紫外線左右などのシミの原因になってしまうので、ハイドロキノンなどの油分薬と併用しながら低改善のレーザー治療を行うのがエキス的です。
シミC効果、シミが角質層の奥まで浸透し、シミの原因であるクリームの生成を防ぎます。

肝斑
肝斑は女性ホルモンが原因と言われていりのですが、紫外線や擦れなどで発生する刺激も症状を進行してしまうこともあります。
紫外線や、お肌への物理的刺激を避けながら、美白化粧品を併用し改善を目指しましょう。

対策をまとめると

紫外線を避ける
なるべく肌をこすらないようにしましょう。
美白成分入りの化粧品を使用
リコピンやビタミンなどの栄養素を摂取しましょう。

トマトやベリー類が効果的とされていますが、ビタミンCやビタミンE、抗酸化作用のあるリコピンを摂取するのがおすすめです。
クリニックの協力を得て、内服薬・外用薬の使用するのもありです。
一般的にレーザーは肝斑に関しては悪化させるとされていますが、最近では肝斑を治療するレーザー治療も増えてきています。

シミ予防の方法は?

紫外線対策をしっかりとしましょう

紫外線のはほぼすべての、シミ原因に共通し対策として一番に考えられますね。

シミができないようにするためには、紫外線対策(UVケア)が最も重要です。

メイクをしない日でも、日焼け止めを塗ったり、美白化粧品を使ってUVケアをすることが不可欠です。


日焼け止め製品を選ぶ際には、UVA・UVB光線を分解できる製品かどうかも検討してみましょう。

紫外線にはA波とB波の2種類があり、A波は肌の奥深くまで浸透し、B波は肌の表面を日焼けさせます。


日焼け止め商品でどこまで切れるかは、「SPF~PA~」と書かれている部分を見てみてください。"SPF "とはB波をどれだけ防げるか、"PA "とはA波をどれだけ防げるかを表しています。ちなみに日本ではPAの最大値は++++++(4段階)です。

スキンケア製品で保湿して保護する
不純物に強い肌を作るためには、水分補給が大切です。肌が乾燥してトラブルが発生すると、バリア機能が低下してダメージを受けやすくなり、ニキビが発生すると炎症後の多汗症になってしまいます。これらの手順に沿って、正しく丁寧にお肌のお手入れをしましょう。

ぬるま湯で優しく洗顔し、タオルで拭くときは注意してください。
洗顔後に化粧水をたっぷりつけてください。
美容液→乳液→クリーム→オイルの順に塗布した後に、美容液→乳液→クリーム→オイルの順に塗布します。
光る成分や保湿成分が多く配合されているものを使用しましょう。

汚れを落とすための洗顔には温かいお湯が良いのですが、温かいお湯は必要な皮脂を落とすことができます。38度くらいのぬるま湯を使用してください。
化粧水も惜しみなくしっかり浸透します。各段階でメイクがしっかりと肌に浸透しているかどうかを確認しましょう。
できれば、ビタミンC誘導体などの美白成分や、コラーゲンやエラスチンなどの保湿成分が豊富な化粧品を選ぶようにしましょう。

ストレスや生活習慣の乱れを避ける
不良の原因の一つに活性酸素と呼ばれる物質があります。活性酸素(ROS)とは、紫外線やストレスによって発生する物質のことで、不完全性の原因となる色素であるメラニンの生成を促進します。そうならないためにも、ストレスを溜め込まないようにしたり、生活習慣を乱さないようにしましょう。質の良い睡眠とバランスの良い食生活は、ニキビの予防にもつながります。

まとめると
原因や対処法はいくつか考えられます。自分の体や生活スタイル、生活環境によって、人生の管理の仕方が変わってきます。共通しているのは、肌へのダメージをできるだけ少なくすることです。紫外線やストレスが肌のシミに与える影響はかなりのもので、シミの原因になったり、悪化させたりします。
毎日優しく丁寧にケアを続けて、シミのない美肌を目指しましょう

おすすめの記事