シミ消したい!できちゃったシミへの対策・予防法を大公開

年齢を重ねるごとに、女性は最近は男性でも肌のシミに悩まされやすくなります。
普通のスキンケアではなかなか良くならないし、日々のスキンケアのレベルでどうしたらシミの色が薄くなるのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

人間のシミはきちんとしたケアが必要です。
これ以上作らないための予防したり、薄くしたりするためにも、日頃からの習慣が大切です。
ここでは、発症してしまったシミを改善する方法と、防ぐ方法をご紹介します。

シミの種類に合わせた具体的なケア

シミにはいくつかの種類があるのをご存知ですか?
自分の持っているシミのタイプに合わせたケアをしないと、意味がないというか、それどころか肌トラブルの原因になってしまいます。
パーソナルケアで消せるシミと消せないシミの種類を見ていきましょう。

パーソナルケアで緩和できるシミとは...。

ここでは、パーソナルケアで改善できるシミに関してご紹介します。

老人性色素沈着
このような不調の原因として最も多いのが紫外線です。また、年齢とともに黒ずんでくるのも特徴です。
シミが出現するのが早ければ早いほど、美白化粧品を使った治療は簡単ですが、時間が経てば経つほど、シミの治療は難しくなります。

炎症性色素沈着
ニキビ跡や傷跡が色素沈着してシミになることが原因です。茶色から濃いめの濃いめの色になっていきます。
美白化粧品を使ってシミを改善したり、ピーリングをしてターンオーバーを促すことで、比較的簡単にシミを改善することができます。

肝斑
目の下の頬骨のあたりにできやすい左右対称のシミです。主な原因は女性ホルモンのバランスの崩れと考えられており、30~40代や妊娠中の女性の中にはこのような状態になる人もいます。
女性ホルモンが安定すると自然と消えてしまうという人もいますが、スキンケアをしたいのであれば、メラニン色素を除去する美白化粧品やサプリメントが効果的です。

自分でケアしてもなかなか消せないシミとは...。

自分でケアしてもなかなか消すことができず、美容医療などの治療が必要な不完全な部分には、以下のようなものがあります。

そばかす
両頬にできる細かいシミの一種で、遺伝性のものが多いです。自分で治療するのは難しいので、除去したい場合は美容医療がおすすめです。紫外線は肌を黒くしてしまうので、日頃から紫外線対策をすることが大切です。

脂漏性角化症
これらは、良性の皮膚腫瘍でもあるであろう、ふくらんだイボのようなシミです。主に紫外線によるもので、高齢者に多く見られます。
化粧品の美白剤は効果がなく、改善するためには美容医療での治療が必要です。

花弁状色素斑
これらのシミは強い日焼けが原因で、顔や首、肩、腕などに花びらのように現れます。
水泳やスキーをするときに紫外線対策をしないと、花弁状色素斑のリスクが高くなるんです。
発生してすぐなら、冷やすこととビタミンCをたっぷり摂って、悪化させないようにしましょう。
自分でデルフケアでは改善は難しいので、美容医療での治療することが選択肢になります。

セルフケアでシミを解消・予防するには

日頃のパーソナルケアでシミを改善したり予防したりする方法を見ていきましょう。
ポイントは、美白ケア、紫外線対策、必要な栄養素の補給、睡眠です。

美白化粧品をうまく使う
パーソナルケアで改善できるシミは美白化粧品でのお手入れが効果的。
美白成分には、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する効果があります。
自分のお肌に合った美白化粧品をセレクトし毎日のスキンケアに取り入れて、シミの改善と予防に努めましょう。

どうやって選ぶ?美白化粧品の選び方は?
美白化粧品と言っても種類が多すぎて、結局決めかねて入手に至らない!今まで通りにってことあります。
自分の肌に合ったものを選ぶのに苦労する人も多いのではないでしょうか?

シミ対策なら、美白化粧品に配合されている成分に注目!

シミ取りに効果的とされている成分は

ハイドロキノン
アルブチン
L-システイン

特にハイドロキノンが効果的とされているようですが、刺激が強すぎるので敏感肌の方にはアルブチンの方がおすすめという声もあります。

既にあるシミの改善や予防にはビタミンC誘導体が有効な成分です。

また、女性ホルモンのバランスが乱れることで発生しやすい肝斑にはトラネキサム酸が効果的で、シミの種類に合わせて成分を選ぶことも大切です。

何回も言いますけど、紫外線対策をする
紫外線は多くのシミの原因となります。
シミを予防して悪化させないためには、日頃から紫外線対策を欠かさないでください。

季節はもちろん屋内でも、天候に関係なく、常に周りに存在します。
夜以外は、、
いつでもどこでも対策が必要です。

日焼け止めのSPFは、状況に応じて変更し、大事なのはこまめに塗り直すこと。
また、日焼け止め効果のある化粧品や日傘もおすすめです。

サプリメントや食事でも予防を欠かさない

シミの予防や治療に効果のある栄養素を普段の食事やサプリメントで摂取するのもおすすめです。

意識的に取り入れるとよい成分

ビタミンC
抗酸化作用に加え、美白効果やターンオーバーを促してくれます。
アセロラや焼き海苔に豊富。

たんぱく質
細胞の再生を刺激しても、新しい肌を作る栄養素が足りなければ促進されません。
お魚やお肉に加え、植物性たんぱく質を含む大豆製品も摂取しましょう。

他にもリコピンやビタミンE、ビタミンB群、エラグ酸なども良いとされています。

とはいうものの、これ実際に全部食べるには、相当の食材を購入しなくちゃいけないし、お金かかる割に、余っちゃう、、、
ってことで現実的に難しい場合は、サプリメントなどを利用するのも良いでしょう。

質の良い睡眠をとるようにしましょう。

肌の再生を促すためには、栄養素だけでなく、十分な睡眠も大切です。

睡眠不足には気を付けましょう。

ホントに大事な成長ホルモンの分泌
これは質の良い睡眠で分泌されるのです。
肌の生まれ変わりを促進してくれます。
なるべく遅くまで寝ることを避け、平日も休日もしっかり睡眠時間を確保するようにしましょう。

本気でシミを解消したいなら美容クリニックに通う
自分では治せないシミや悪化してしまったシミを何とかしたい、もういいかげん早く消したいのって時は、もう美容医療に頼ることにしましょう。
美容皮膚科や美容クリニックでは、レーザー治療やシミ取りの処方を行っており、個人でのケアよりも費用は高いものの、はるかに早くシミを改善することができます。
いいクリニックを見つけて、とりあえずは相談してみるのもいいですね。

シミになりにくいお肌になるための心がける習慣とは?

シミ対策には、日頃から地道にスキンケアしたり生活習慣に気を付ける必要があります。
日々の心掛けが5年後10年後に大きな違いになってしまいます。

あまりにも過剰なスキンケアに気をつけて

早くシミをなくしたいからといって、過剰なスキンケアをしなければならないというわけではありません。
毎日何種類もの美白化粧品を使ったり、洗顔を1日に何回もしたりすることは、肌に負担をかけてしまいます。
汚れじゃないので洗顔でシミが取れるってことも無いので、、、

また、ピーリングや洗顔の際には、肌を強くこすりすぎないとか、ゴシゴシタオルで磨き上げたりはやめましょう。
敏感肌の人は特に美白化粧品は敏感肌にも大丈夫なタイプを選ぶようにしましょう。

きっちり食べて、できるだけ運動して、よく寝るようにしましょう。

前の項でも説明しましたが、シミを予防して美肌を手に入れるためには、いい栄養素を摂取して十分な睡眠をとることが大切です。
成長ホルモンを促したいですね。
また、適度な運動をして汗をかいて代謝を上げることも効果的です。
偏った食生活や睡眠不足は肌トラブルの原因になるので、生活習慣を見直すことをおすすめします。

若いからって油断禁物20代! シミ対策は若いうちから

いつまでも若いと思ってたら、20代後半から明らかに変わってきますよ。
お肌の曲がり角って言われるくらいですから
10代の時は、おばさんの悩みだね~なんて油断してると、すぐその年代に来ちゃいます。
若い人より、回復力が落ちてくるので、なかなか良くならないんですよ。
20代のうちから、紫外線対策はちゃんとやっときましょう。
L

おすすめの記事