スキンケアのキホン!保湿化粧品の選び方は?効果的な成分とは?

"最近、肌が乾燥していて...年齢のせいって言わないで~。
" 新しい保湿剤を使ってみたいけど、何を選んだらいいのかわからない...。何が違うの?

1 つを選択することは難しいのです。
多くの異なる種類の保湿剤があるのです。

保湿に良いとされている成分は、メーカーやブランドもたくさんありますし、いろいろな種類がありすぎて、何が良いのか、どうやって判断したらいいのかわかりませんよね。

ここを見る、、どんなタイプの保湿化粧品を選べばいいの?


この記事では、保湿化粧品の選び方やおすすめの成分、保湿化粧品の効果を高める方法などについてお話していきます

肌が乾燥するのはなぜ?保湿化粧品を選ぶときのコツとは?

乾燥肌には「バリア機能」が密接に関係しています。
肌の「バリア機能」って聞いたことありますか?このバリア機能は「表皮」と呼ばれる皮膚の外層に存在し、外部からの刺激を防ぐために重要な役割を果たしています。このバリア機能は表皮の角質層と呼ばれる部分に存在しており、この部分を保湿することでバリア機能が高まり、乾燥を防ぐことができます。
角質層は以下の3つの要素で構成されています。

バリアを構成する要素が機能します。
ケラチノサイト細胞間脂質
皮脂
NMF(ナチュラルモイスチャーファクター

バリア機能で水分の80%を占める角質細胞の細胞間脂質は、セラミドなどの保湿成分で構成されています。NMF(天然保湿因子)が水分を吸収して肌に潤いを与え、汗に混じった皮脂の膜を「天然保湿因子」と呼びます。

この3つのうち1つでも減ったり、なくなったりすると、肌のバリア機能が乱れてしまいます。
メイクをするときには、しっかりとクレンジングをする必要がありますが、クレンジングは必要な皮脂まで落としてしまうので、皮脂の減少にもつながります。
他にも環境からの外的刺激によって肌がダメージを受けたり、バリア機能が乱れたりすることもあり、私たちの肌は様々な破壊要因に囲まれています。

何らかの理由でバリア機能が乱れてしまうと、保湿成分の量が少なくなってしまうので、乾燥肌になってしまうのです。
だからこそ、スキンケアだけでなく、バリア機能に重要な成分を補うことが大切なのです。
保湿化粧品を選ぶときは、バリア機能を守る保湿成分が配合されているものを選びましょう。

効果的な保湿剤の選び方
ここまで、保湿だけでなく、保湿成分がしっかりと配合されている保湿化粧品を選ぶことの大切さについてお話してきましたが、保湿化粧品を選ぶ際のコツは何でしょうか?

保湿化粧品の選び方】をご紹介します。] 保水力の高い成分を配合。
バリア機能を持つ角質層は、水分を保持するために必要なものです。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ヘパリン類似体、セラミド、スフィンゴ脂質、レシチンなどの成分が高い保水力を持っています。また、成分が吸収されると逃げないので保湿効果がかなりアップします。

水分を吸収する成分を配合。
天然の保湿因子(アミノ酸、尿素、PCA)、BG、PG、グリセリンなどのほか、吸水因子。

油に蓋をしておく。
水分補給と同じように、水分が逃げないようにカバーをすることが大切です。ホホバオイルやツバキ油、スクワランオイルなどの天然オイルは皮脂と混ざることが知られています。ワセリンは蓋をする力も強いです。


肌に刺激を与えない成分を配合。
保湿効果の高い成分が配合されていますが、成分や物質によっては肌荒れの原因となるものもあります。以下の成分は肌に刺激を与える可能性があるので、できるだけ避けた方が良いでしょう。また、それを使用する前に、パッチを使用して保湿剤をテストすることを確認してください。

お肌に刺激を与える可能性のある成分について

アルコール(エタノール


手作り消毒液で有名になりましたが、アルコールには水を蒸発させる効果があります。
乾燥などの肌トラブルの原因になることがあります。
手の消毒をしすぎて、手荒れがひどくなり、皮膚科に行くような人も出てきていましたね。

合成石油系香料

ホルモンバランスを崩すらしい...。

その他石油系の
合成色素
合成界面活性剤
合成防腐剤



こちらは現在のおすすめの成分

NMFナチュラルモイスチャーファクター(天然保湿因子)
バリア機能を担う成分の一つです。
アミノ酸やミネラルが含まれており、肌の水分吸収を助け、潤いをキープしてくれます。

注目のセラミド
ケラチノサイトの細胞間脂質であるセラミドは、この細胞間脂質の40%を占めています。湿度が低くても水分が逃げるのを防いでくれるので、長時間潤いを保つことができます。

ヒアルロン酸
コラーゲンやエラスチンとともに肌の土台である真皮層の保湿成分です。保水力が高く、自身の200~600倍の水分を含んでいると言われています。

コラーゲン

真皮層に存在する保湿成分で、肌にハリと弾力を与えます。年齢を重ねると体の中で生産される量が少なくなるので、スキンケアや食事のサプリが必要になってきます。コラーゲンの生成に必要なビタミンCを他の成分と混ぜるのがおすすめです。

プラセンタ

肌の潤いを生み出す細胞である線維芽細胞を活性化させます。たるみ防止や弾力性の向上に効果があります。

保湿化粧品の効果を出すためのポイント
化粧水、美容液、乳液、クリーム(オイル)の順に塗布します。
スキンケアをするときは、まず美容液、乳液、クリーム(オイル)の順で化粧水で水分を上からカバーしてから、美容液、乳液、クリーム(オイル)の順で塗ると、保湿効果を長持ちさせることができます。

オールインワンの保湿アイテムもありますが、できればラインで使えるものを選びましょう。
オールインワンは使いやすい反面、ローションやクリームに比べてそれぞれの効果が薄い傾向にあります。
肌に深く潤いを与えたいのであれば、絶対にライン使いを選ぶべきです。

ピュアスキンケア
スキンケアのルーティンでは、やっているとは思いますが、まず清潔な状態にしましょう。

汚れている状態でスキンケアを行っていると、保湿成分が十分に浸透しないので、肌荒れの原因にもなります。
メイクをしっぱなしにしないためにも、しっかりとクレンジングをして顔の汚れを落とすようにしましょう。

お肌につけるときは気もちよく!
保湿成分がしっかりと肌に浸透するようにしたいものです。
スキンケアをするときには、たっぷりと手に取って、しっかりと保湿成分をお肌にチャージするようにしましょう。
ただし、塗りすぎると内部乾燥の原因になりますので、必ずメーカーの基準量を塗るようにしましょう。

要約すると
セラミドやヒアルロン酸などの成分が含まれていると保湿効果が高まる保湿化粧品を選んで、正しい方法でスキンケアをすることが大切です。
選び方のコツは、自分の肌タイプを知って、自分が望む効果が得られる商品かどうかを確認することです。
これらを参考にして、自分に合った保湿アイテムを見つけて、美しいしっとりお肌を手に入れましょう

おすすめの記事