マスクはお肌にいいの悪いの?肌への影響を徹底調査!

マスク肌の悩みを解決するための方法とは?


マスクをする習慣があるのか?だとしたら、どのくらいの頻度でそうなっているのでしょうか?
もともとマスクは、風邪やインフルエンザなどの雑菌から体を守るためのものでしたが、現在では「マスク美人」という言葉が使われるようになり、外気から肌を守るためなど、美容のためにマスクをする人が増えてきています。
しかし、いくら体を守りたいと思っていても、ずっとつけっぱなしだと肌に影響が出てしまうのではないでしょうか?
この記事では、マスクの役割や肌への効果、マスクマスクをすることのメリット・デメリットなどについてお話します♪マスクマスクをすることで、肌に負担がかかることはありませんが、肌に負担がかかることはありますか?

マスクの役割

マスクは体やお肌を守ってくれる♪
冒頭にも書きましたが、マスクの仕事は細菌から体を守り、健康に保つことです。
また、外気や乾燥から肌を守る「マスク美容」を行う人も増えています。

マスク美容って何でしょう?
マスク美容の目的はマスクで肌の状態を維持することですが、実際のところどのような方法があるのでしょうか?
マスク美容を実践する上でのポイントは大きく分けて4つあります。

【マスク美容を使うときの注意点】をご紹介します。

こまめにマスクを交換して清潔に保ちましょう。
素材は制限が少なくナチュラルなものを選びましょう。
ご使用前に十分に保湿してください。
唇にオイル系のトリートメントやバームを塗って潤いを与えます。
アロマの香りでリフレッシュ!

まず、大前提として、きれいなマスクを使うこと。一度マスクを外して袋に入れたままにしておくと、雑菌に汚染されてしまうことがあります。そのまま顔につけると肌荒れの原因になるので、「雑菌」が付着してしまうものは1日で取り替えることをおすすめします。

また、マスクの種類によっては、肌トラブルの原因になることもあります。きつすぎるマスクは肌に摩擦を与えて肌荒れにつながりますし、化学繊維が合わないと素材によっては肌荒れしてしまうこともあります。マスクのお肌への効果については後ほどご紹介しますので、ぜひ覚えておいてくださいね

また、マスクを塗る前に保湿剤を使ったり、マスクを塗る前に唇にバームを塗ったりすることも忘れずに! マスク内の水分と温度が高くなっているので、保湿成分が肌に浸透しやすくなっています。

マスクのもう一つの楽しみ方は、香りです。また、マスクをつける前にアロマローションをスプレーしたり、マスク自体にアロマオイルを垂らして香りを楽しんだり、リフレッシュしてリラックスすることもできます。
アロエオイルと精製水を混ぜたものを作ってマスクに吹きかけるのもおすすめです。しかし、この方法を利用する場合は、専門家に相談して、自分の体に合った成分が入っているかどうかを確認した方が良いでしょう。

気になるお肌への影響は?
紫外線や外部刺激物から肌を守る
マスクが肌に与える影響はいろいろありますが、何よりも外気や紫外線から肌を守ってくれることがプラスになります。
例えば、ノーメイクで出かけたいとき、すぐにやることがあるときにUVケアをするのはちょっと面倒...。と思うことがあります。そんな時、マスクをすることで紫外線から肌を守ることができます。
また、マスクを着用することで、ハウスダストなど外に浮遊する物質から肌を守ることができます。そのため、マスクをすることは健康的なだけでなく、肌のコンディションを整えることにもつながるのです。

ニキビなどの肌トラブルを抱えている可能性があります。
マスクは基本的には肌を守るためにあるものですが、つけ続けていると肌に摩擦を与えてしまい、肌荒れの原因になってしまいます。
マスクのサイズが小さすぎたり、弾力が強すぎたりすると、摩擦も発生して肌を傷めてしまいます。
不織布などの素材が合わないことが原因で起こる肌トラブルもあるので、マスクに合った素材やサイズを見つけることで、肌トラブルを回避することができます。

ニキビがある場合は、マスクの特性上、摩擦が避けられず、ニキビを悪化させる可能性が高いため、このマスクを使用することはお勧めできません。摩擦だけでなく、自分の呼気や高湿度も悪影響を及ぼしているようです。
つけっぱなしにしておくと悪くなることも......。
就寝前にマスクをして保湿をする人もいれば、一日中マスクをしている人もいます。しかし、これはマイナス効果があるので注意が必要です。

マスクをつけたままだと
肌が敏感になります。
マスク内部の温度が高いため、雑菌が繁殖しやすくなっています。
マスクの摩擦による肌の張り

また、このような「悪影響」も考えられます。
マスクをつけっぱなしにしていると敏感肌になってしまうのは、マスクが外気を遮ることで、ちょっとした刺激でも「敏感肌」になってしまうからなのです。
また、マスクの中は高温多湿です。この状態が長く続くと、自然と雑菌が繁殖しやすくなり、肌にも悪影響を及ぼします。
寝るときにマスクをしていると、寝返りを打ったときにマスクが肌に接触して摩擦を起こしてしまいます。これが何度も何度も繰り返されると、肌にダメージを与える原因にもなります。

マスクのメリット・デメリット
メリット
さて、ここまでマスクの役割と特徴について説明してきましたが、マスクのメリットとデメリットをまとめてみました。

菌を防ぐことができます。
肌や唇の保湿に効果的
ホコリなどの外部刺激物から肌を守る
アロマなどでリフレッシュできます。

マスクの第一の機能は、外に飛び交う細菌や飛沫、ホコリなどから体を守ることです。また、マスク内部は自身の呼気と温度によりしっとりとしており、自然な保湿効果もあります。
気分を変えたいときや、香りに癒されたいときは、香りをキープしておくとマスクをするたびにリフレッシュできますよ

不利益
細菌は長期間使用すると増殖します。
気に入らないと肌に悪いです。
菌は保管方法によって増えていきます。

マスクのデメリットは、自分の顔の形や肌質に合わないマスクを選ぶと、肌が荒れてしまったり、ニキビが悪化してしまうことです。今日使ったばかりのマスクでも、一度外してどこかに置いておいたり、中に入れておくと雑菌が繁殖しやすくなります。清潔なマスクケースを着用し、常に予備のマスクを手元に置いておくことで防ぐことができます。

メリットと間違いのまとめ
どのマスクにもメリットとデメリットがありますが、使い方次第ではデメリットのないマスクはお肌にも健康にも良い効果をもたらしてくれます。

マスク美人の効果をより強く感じるためにも、冒頭でお伝えした「マスク美人のポイント」を守って、天然素材のものや窮屈すぎないものを選んでくださいね

まとめると
風邪や病気から肌を守るだけでなく、美容効果も期待できるマスクは、乾燥する季節には欠かせないアイテムです。使い方や商品によっては、肌トラブルが発生することもありますが、自分に合ったマスクを見つけることができれば、肌に良い影響を与えることができるでしょう。
マスク美容を上手に使えば、肌荒れを防いだり、唇に潤いを与えたり、いい香りでリラックスできたりと、たくさんのメリットがあります。
自分に合ったマスクと使い方を見つけて、「マスク美人」の効果を実感しましょう


おすすめの記事